読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外最新ニュース

海外のニュースメディアから最新情報を紹介します。日本のニュースメディアでは取り上げられない内容も多く含んでいます。

主要4都市、2025年までにディーゼル車禁止

2年に一度開催されるC40(世界大都市気候先導グループ)の会合がメキシコで開かれました。

パリ、メキシコシティ、マドリッド、アテネの市長らは、空気質改善のために今後10年以内に全てのディーゼル車とトラックを禁止すると決めました。また優遇策を実施することで、ディーゼル車の買い替えや、徒歩・自転車使用を促進する予定です。

メキシコシティのミゲル・アンヘル・マンセラ市長は、交通渋滞改善と健康被害を防ぐために公共交通機関や自転車の利用を促進しようと計画しています。またパリのアンヌ・イダルゴ市長も、東京実現したように、ディーゼル車禁止に向けて規制を進めています。マドリッドのマヌエラ・カルメナ市長も、マドリッドにおける温室効果ガスの排出量を減らせば、空気もきれいになり家族がみな健康になれると考えています。

バルセロナではすでに、公共自転車の使用で、9000t以上ものCO2の排出量を削減しています。これは平均的な車の走行距離でいう、2100万マイル以上に相当します。

 

交通におけるディーゼル車の使用は近年増える一方で、大気与える影響は深刻なものです。

WHO(世界保健機構)は、毎年約300万人もの人々が大気汚染の影響で死亡していると発表しています。

ディーゼルエンジンは、PM(微小粒子状物質)とNOx(窒素酸化物)の二つの問題物質を排出します。PMはとても細かい粒子であるため、肺まで入り、循環器系疾患を引き起こす場合や、死に至る場合もあります。NOxはオゾンを生成します。これにより、もともと呼吸器疾患がない人でも呼吸困難に陥る可能性があります。

証拠立てにより環境団体は、裁判所に空気の透明度基準とその規制の遵守を訴えました。近年イギリスでは、運動家たちが政府に迅速な対応をさせることに成功しています。

イギリスの運動家たちはロンドン市長に対し、2025年までにディーゼル車を撤廃するよう求めています。サディク・カーン氏は、ロンドン中心部をディーゼルの超低排出区域に設定する計画の拡張を提案しました。

クライアント・アース社のアラン・アンドリュー弁護士は次のように述べています。「ロンドン市長は、前任者より引き継いだ超低排出区域の拡張よりも、もっと大胆な行動を考えています。これは我々にとって喜ばしいことではありますが、市長がこの問題を迅速に前進させてくれることを望んでいます。ただこの問題は、ロンドンだけが抱えているものではありません。世界のどこかで大気汚染が進行しないように、国際的な大気の浄化区域のネットワークが必要です。」

 

車の製造業者は、他の都市がこの決定に倣うのも時間の問題だと知っています。皮肉にも、政府はもともと気候変動に影響するCO2の排出量が少ないという理由で、ディーゼル車を推進していました。しかし車の製造業者が、局所的な空気の浄化作用について政府を誤誘導したことで、今やディーゼル車は禁止されようとしています。電気自動車や水素自動車がディーゼル車に代わるのです。もし再生可能エネルギーであるなら、これらの自動車は気候に関する政府の方針に完璧に沿うものとなるでしょう。

アメリカの救急患者の22%が驚愕の高額医療費請求を経験

 ある夏の日、溝に入ってしまった草刈り機を引き上げるのを手伝っていたトレーシーは右足首を骨折してしまいました。そこで事前に把握しておいた、自分の保険が効く病院に搬送されました。治療が終わりそこで請求された治療費はなんと700ドル。信じられない金額でした。トレーシーは他の多くのアメリカ市民と同じように、勤務する会社が支払う医療保険に入っており、もちろん月々の保険料も支払っていたにも関わらずの高額請求。というのも、治療に関係した医師の一人が、保険治療の効かない医師であったからなのでした。

 このようなことはトレーシーに限ったことではありません。ニューイングランド医療ジャーナルによる最新の研究によると救急での患者の22%が、事前に保険が効くことを確かめたにもかかわらず保険適用外の医師の治療のせいで高額請求を受けたことがあるそうです。

 “本当におかしなことですよ”と、イェール大学公衆衛生および経済学のザッククーパー助教授。 “事前の下調べを行うことは患者として絶対的に正しい行いです。それにもかかわらず保険が効かない医師の診療を受けざるを得ずに、高い治療費を払う羽目になるのはおかしなことです” 

  クーパー助教授と同僚のスコットモートンは、主要保険会社からの調査をもとにした分析から次のように語る。“テキサス州のマッカレンでは89%、フロリダのペテルブルグでは62%の患者が予期せぬ高額請求を受けました。一方で、コロラド州のボルダー、インディアナ州の南ベンドでは高額請求の事例はほとんど0に近かったのです。つまり、この問題は現実的に解決が可能なのであります。”

  クーパー氏は、解決策として法律での改革が必要だと考えています。大統領選挙当選者のドナルドトランプ次期大統領は医療改革を約束していますが、予期せぬ高額請求に関しての言及は今のところないのだそうです。

フランスで議論を巻き起こす風刺新聞「シャルリー・エブド」 ドイツの新聞売場で大ヒット

今週木曜日、フランスの風刺新聞シャルリー・エブドのドイツ語版が、初めてドイツ国内の販売店に並びました。パリの本社で、編集長や風刺漫画の担当者、コラム執筆者らがテロリストによって殺害された事件から、およそ二年。今回のドイツ語版発行について、編集者達は「同紙に対する、ドイツ国内での関心の高まりを受けた結果」であると話します。

また、同水曜日には、シャルリー・エブドの編集主幹ジェラル・ビアル氏が「これは実験だ。」という見解を述べています。今回の発行は、ドイツ一般市民の著しい関心に応えるものであり、彼らの興味の対象は「現実に起きた事実」「表現の自由」のみならず、その「思想」にまで及ぶものだという考えです。

2015年1月7日、パリ11区にあるシャルリー・エブド本社が、ライフル武装したサイードとシェリフ兄弟によって襲撃され、12人の命が奪われる痛ましい事件が起きました。以後、同紙はドイツ国内において多数の展覧会、賞、報道の対象となって来ました。

ドイツ語版の初版発行部数は20万部、さらに今後はドイツ全土で毎週新刊が発売される予定です。記事の大部分がフランス語版からの翻訳となりますが、一部ドイツ読者向けのオリジナルコンテンツも掲載されます。

今回の表紙に描かれたのは、疲れきった様子のメルケル首相が、油圧式リフトの上に横たわる様子。キャプションには、「ドイツ自動車大手『フォルクスワーゲン』が彼女のバックについている。新しい排気管を使えば、4年の再任も首尾良く果たせること間違いなし。」と書かれています。フォルクスワーゲン社は、排ガス規制逃れが発覚して大問題となっていますから、シャルリー・エブドらしい風刺です。

シャルリー・エブドは、発言の自由、宗教問題、文化格差への配慮というバランスを保ちながら議論をするという点において、長らく批判の対象となってきました。特に、予言者ムハンマドを風刺漫画で描いて以降は、ジハード主義者からの標的となりましたが、元来バチカンやヨーロッパの政治態勢をも、風刺の対象として来たのです。

同紙に対して批判的な人々は、「シャルリー・エブドは無意味に人を扇動し、人種差別的なイメージを増幅している。」と非難します。しかし同時に、シャルリー・エブドの姿勢を支持する人々は、それを「表現の自由であり、西側諸国の自由主義の象徴」であると考えています。

「Survivors / 生き延びた者たち」と題され、襲撃事件の1週間後に、シャルリー・エブドが再びムハンマドを描いた版は、ドイツでも7万部が売れたと編集者達は述べました。

ドイツ版の編集者で、ペンネーム「ミンカ・シュナイダー」は、こう語ります。「ドイツ人は特に、フランス及びシャルリー・エブドへ親近感を持っています。表現の自由に対する議論が、他国と比較して非常に盛り上がっているのです。」

パリのシャルリー・エブド社における翻訳者のほぼ全員、12人のスタッフを部下に持つ、33歳のミンカ・シュナイダー氏は、「ペンネームを使用する主な理由は、身の安全の確保ではなく、執筆に集中するため。」とも述べています。

ドイツ語版初回発行分は16ページの構成で、風刺漫画家「リス」として執筆を行う、ローラン・スリッソーの旅行特集記事を4ページに掲載しています。彼は、旅先で出会った人々の、文化的伝統に対する考え方・アイデンティティ・近年、何十万人にも膨れ上がったムスリム難民の流入への思いを描き出しています。

現在、シャルリー・エブド社に対するドイツ各報道機関の反応は、わずかな例外を除き、非常にポジティブなものです。著名な風刺作家であるマーチン・ゾンネボーン氏は、ドイツ国際放送事業体「ドイチェ・ヴェレ」とのインタビューで、「シャルリー・エブドは、あの襲撃事件で生計を立てている。」と皮肉を述べています。

「私は、同紙がドイツ国内で順調に売れ続けるとは思えない。シャルリー・エブドはあまりにもフランス人的視点で作られていて、ある種、特殊な笑いを求めるものだからだ。」と、風刺紙「タイタニック」の元編集者であるマーチン氏は続けました。

シャルリー・エブド社の風刺手法は、ドイツにおける同様の風刺紙「Titanic / タイタニック」「Eulenspiegel / オイレンシュピーゲル」と比較するとより厳しく、暗くなる傾向があります。編集者達は、ドイツ一般市民へ訴えかけることは挑戦となるだろうと認める一方、最初のドイツ語版を発行するタイミングは正しかったと述べています。

「ドイツは今、フランスが何十年か前に直面した、移民とその周辺問題に向き合っている。その状況は、あまりに多くの移民に取り囲まれたフランスの都市と同様であり、ドイツはそこから何か解決の糸口を見つけられるはず。ユーモアはその一つの方法。」と、ミンカ・シュナイダー氏は語ります。

また、編集主幹ジェラル・ビアル氏は、「シャルリー・エブドが、ドイツ他社の刊行物よりも攻撃やトラブルを引き起こす心配がないのであれば、非常に望ましいことだ。」と伝えました。

「最近のドイツでは、『Lügenpresse / ルーゲンプレッセ』という、ナチス時代に『嘘つきメディア』を指した言葉が多用されている。極右デモ隊が、ドイツの主要報道機関の偏向報道に抗議する際に使用しているものだ。私は、何者であっても、シャルリーエブドに対して政治的正当性を訴えることは出来ないと考えている。私達は、ドイツ国内であるからといって、言論や行動の制限を受けることはない。」

「いかなる人物も、シャルリー・エブドの批判の対象となり得る。私達は、自由な気持ちでドイツ社会を眺めている。」ジェラル・ビアル氏は、そう締めくくりました。

国連がコレラ感染をハイチで広めた事を謝罪

TIMEより

time.com

研究者は国連平和維持活動の一員であったネパール軍によって、ハイチにコレラ持ち込まれたと述べている

国連の潘基文(バン・ギムン)事務総長は木曜、国連がハイチでのコレラ感染の抑制に十分な対応をしなかったと謝罪したが、カリブ諸国に病気を齎した事については謝罪しなかった。

潘長官は約800,000人のハイチ国民を苦しませ、9,000人以上殺した病気の影響を受けた地域社会に国連の援助を提供しようとしていると、ハイチのコレラに対する新しい措置を採るとスピーチで発言した。

潘事務総長は初めにクレオール語で「私は国連に代わって、ハイチ国民に謝罪する。我々はコレラ発症そのものとハイチにおける感染拡大に関して、十分な対応を行っておりませんでした。我々国連の任務については深くお詫びする」と語り、その後フランス語と英語で繰り返した。

「これは国連とハイチ国民の関係に影を落としている。それは世界的にも我々国連組織そのもと平和維持への評判に対する欠点である」と潘事務総長は付け加えた。  

研究者は国連平和維持活動の一員であったネパール軍によって、ハイチにコレラ持ち込まれたと述べている 。

国連は発生の責任について長年にわたり、否定および黙秘をしながらも米国裁判所の訴訟に対して外交特権を主張していた。 8月、米国の控訴裁判所は、コレラ感染により国連を責めた5000人のハイチ人コレラ犠牲者の為に提出された訴訟に対し、国連の外交特権を支持した。

潘事務総長は判決後、コレラ菌が引き起こした苦しみを深く後悔し、国連は被害者に道徳的責任を負うと述べた。

ヤン・エリアソン副事務総長は、潘事務総長の謝罪はさらに進まない理由として、この事件を調査した委員にも要因があると述べた。

エリアソン副事務総長は潘長官のスピーチの前に、「我々は本件に役割があると認識しているが、すべての責任を負うことは可能ではない段階である」と述べた。

ハイチのジャン・ウェズリー・カザウ大使は、潘事務総長の新しい措置である国連加盟国から4,000万ドルを調達して苦しんでいる地域社会への援助と病気の根絶を目指している事に称賛する一方、平和維持軍に対する感染の責任を正当に訴えた。

「この措置は、国連がこれまで重大な健康危機の原因、および促進させた責任において行っていた非道徳的アプローチとは変わって、ハイチ国民の感染による苦しみが致命的と認識し、道徳的責任があると認めた事に、国連の姿勢の違いに私は非常に嬉しい。」とカザウ大使は述べた。「国連は間違いを認める事が出来ると示した。」

アフリカ・世界保健政策小委員会の上院議員であるエドワード・マーキー上院議員は、潘事務総長の謝罪を声明で称賛した。

「国連の過失によって大きな被害を受けたハイチの人々の痛みや犠牲に対し、自認を示しただけでは不十分だ。国連は言葉ではなく、コレラ感染によって引き起こされた荒廃に苦しんでいるハイチ国民に補償を与え、証明しなければならない」とマーキー上院議員は述べた。

アンドリュー・サックス氏が死去(86歳) BBCホームコメディー「フォルティ・タワーズ」人気ウェイター役

The New York Timesより

http://www.nytimes.com/2016/12/01/arts/television/andrew-sachs-hapless-waiter-on-the-bbc-sitcom-fawlty-towers-dies-at-86.html?_r=0

 

TVコメディーシリーズ「フォルティ・タワーズ」のウェイター、マニュエル役で有名なアンドリュー・サックス氏が11月23日、ロンドンの彼の自宅近くの施設において86歳で亡くなりました。


「フォルティ・タワーズ」のウェイター、マニュエルはジョン・クリーズ演ずるホテルのオーナー、バジル・フォルティに雇われるのですが、騒ぎに巻き込まれながらも真面目にそれでいて不器用なというウェイターの役柄でした。

 

サックスの訃報はデイリー・メールで伝えられ、妻メロディーさんによると、彼は脳血管障害による認知症を患い、ウェストロンドンの施設に入り4年間を過ごし、亡くなったということです。

 

サックスは多くの映画、テレビに出演していますが、そのうち最も人気があったのがBBCで1975年と1979年に放映された2シーズンの「フォルティ・タワーズ」12シリーズでしょう。

宿泊客に対して時に軽蔑と卑屈な思いを持つホテル経営者の気難しいオーナー、バジル・フォルティ。

このコメディではバジルがプルネラ・スケイルズ演じる強妻シビルに対抗します。

そして、バルセロナ出身で英語が堪能でないマニュエルとはうまくコミュニケーションがとれません。眉毛を挙げ、口をポカンと開け、目を見開いて「へ?」と言うのがマニュエルの返答の口癖なのですが、それでもボスの言うことを理解して我慢強くコミュニケーションを取ろうとします。

「この会話は一生続くかもしれないな」

いらついたバジル・フォルティが競馬で勝った話を妻には内緒にするようマニュエルに説明するくだりのセリフです。


習熟度では欠けるところがあっても、熱心さと努力は怠らず、たとえ仕事の結果が意図することと違っていても彼は熱意を込めて働きます。

しかし、彼の素晴らしい熱意と反する結果のギャップ。フォルティがマニュエルの頭を叩き、これが繰り返されギャグとなり笑いを誘いました。


クリーズは、「マニュエルのすさまじいまでのポジティブさが絶対的なキーとなり、キャラクターを面白くさせたのです」とyoutubeのインタビューで語っていました。

木曜日のツイッターの中で、クリーズはサックのことを「やさしい男。そして、真に偉大なるひょうきん者」と述べました。


「フォルティ・タワーズ」はクリーズと番組でウェイトレス、ポリー・シャーマン役を演じたコニー・ブースとで書かれたものです。彼らは、シーズン1の時に結婚し、その後離婚しますが、シーズン2も1と同様、共同で書きました。


英国映画協会は2000年に「フォルティ・タワーズ」をテレビ番組ベスト100のうちの1位に挙げました。
マニュエルの特徴は、映画「ピンク・パンサー」でピーター・セラーズ演ずるフランスの無能な警部補ジャック・クルーゾーで引き継がれ、サック自身も「ピンク・パンサー4」(1978)に探偵エルキュール・ポワロ役で出演しています。


彼のの映画出演作品は他に「カルテット!人生のオペラハウス」(2012)、「メル・ブルックス/珍説世界史PART1」(1981)。テレビのシリーズ番組では「コロネーション・ストリート」「イーストエンダーズ」などがあります。


アンドレアス・ジークフリード・サック氏は1930年4月7日、ローマカトリック信者の母親とユダヤ人の父親との間にベルリンで生まれました。

デイリー・メール紙によると、1938年に彼は家族と共にナチスの迫害を逃れるためにドイツからイギリスへ移住しました。

1960年、女優のメロディー・ラングと結婚。

それまでに息子二人ビルとジョンと養子縁組をしています。

その1年後に娘ケイトが生まれたと伝えています。

家族の近況については詳細が分かっていません。妻メロディーさんによると、「アンドリューについては一度も不平を言ったところを見たことがなかったし、一度も顔から微笑みが消えたことがなかったわ。私たちはお互いバカだったから笑いあえたものよ」と語りました。

マザー・テレサが聖人に "奇跡"を疑問視する声も

BBCより

www.bbc.com

マザーテレサが、正式に聖人として承認され話題になっています。

 

マザーテレサは、ローマ・カトリック教会の修道女で、インド・カルカッタで貧しい人々への活動をしたことで有名です。

世界中に3000人以上の修道女を持つMissionaries of Charity(神の愛の宣教者会)を1950年に創設したことでも有名で、その他にも、スープキッチン(貧困者のための食料支援)や学校を作るなどの活動を行い、ノーベル平和賞も受賞しています。

 

しかし、マザーテレサは、彼女を批判する人の多さでも有名なのです。

 

彼女を宗教的原理主義者やカルトと呼ぶ人や、また、独裁政権と密接に関わっていたと批判する人などがいます。

カルカッタで実際に行われていた支援が、世界が知るところとはまるで違うひどい支援だったと暴露した同僚もいて話題になりました。

 

また、今回マザーテレサに与えられた聖人ですが、これは、カトリックにおける最高の名誉です。

この聖人という称号が与えられるためには、"奇跡"が必要になります。

これは、多くの場合、医学的に説明がつかないような方法で病気が治ったりするときにそれが奇跡だと認められます。

しかし、この"奇跡"についても、これを疑問視する声が多くあるのです。

 

たとえば、ある女性の腹部の腫瘍が治ったという奇跡について、この女性は、マザーテレサの写真を腹部に置いておいたら病気が治ったと言っていますが、薬も処方されており、単に薬で治っただけだと言う人がいるわけです。

 

しかし結局、科学的証拠と信仰は異なるものという見方が最も賢明だという人が多いのが事実です。

地球誕生の歴史を記した聖書を聖典として持つキリスト教は、科学と長い間衝突を繰り返してきました。今回のマザーテレサの件を見ても、この対立は今後も続いていくといえるでしょう。

杭州で開かれるG20 グローバルリーダーを目指す中国に注目

BBCより

www.bbc.com

9月4日、5日は中国の杭州でG20首脳会議が開かれる日ですが、それに向けて中国政府は"町自体を作り替えてしまって"います。

というのも、人口の3分の1を移動させ、大規模のセキュリティ措置をとっているのです。

しかも、マンホールのふたをロックするという徹底ぶり。

 

今回のG20は、中国にとって、特別な意味を持つのです。

世界経済が崩壊していく中で、中国はどんどんGDPを伸ばし、いまや世界2位の経済大国までになりました。

その中で、世界のアウトサイダーではなく、グローバル経済におけるリーダーとしての地位を獲得したいと考えているのです。

 

杭州は、アリババをはじめとする、中国の世界的大企業が多く本拠地を置く都市です。これらの企業は現在、巨大な国内マーケットや労働力、そして天井知らずの資本を元に、中国経済を牽引しています。

その意味で、今回G20を杭州で開くことに大きな意味があります。中国の経済成長、そして中国が今後世界経済を引っ張る存在であることをアピールできる機会なのです。

 

しかし、中国がG20で望み通りの結果が得られるのかどうかはわかりません。

多くの障害があるのです。

たとえば、拡大してきた自由貿易に対する世界レベルでの抗議。保護主義者が多く存在する中で、自由貿易を推し進めることが果たしてできるのかという問題があります。

もしも世界の各国が中国に対する市場を閉じてしまえば、それは中国経済にとって大きな打撃になるのです。

 

4日から行われるG20首脳会議では、中国が今後世界を引っ張っていくための第一歩を踏み出せるのかに注目です。