読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外最新ニュース

海外のニュースメディアから最新情報を紹介します。日本のニュースメディアでは取り上げられない内容も多く含んでいます。

ヒラリー・クリントンの健康を心配する声は”不健康な”陰謀なのか?

スポンサーリンク

CNNより


Hillary Clinton's health: An unhealthy obsession?

 

民主党の大統領候補であるヒラリー・クリントン氏の健康を心配する声が挙がっています。

しかし、これを追及している人のほとんどはドナルド・トランプ側の人間。

しかも、ヒラリーの健康状態が危険だと言っている数々の媒体を見てみると、ヒラリー氏が

脳傷害

パーキンソン病

自閉症

であるなどといった、事実には全く基づいていないデマばかりなのです。


ヒラリーを貶めるためのただのデマである可能性が高いにもかかわらずこれが大きな話題になっているのは、ドナルド・トランプ氏が言及しているというのも大きな一因です。

ヒラリー氏は、精神面でも肉体面でも、スタミナに欠けています。これでISに立ち向かうことができるのでしょうか?
 (ドナルド・トランプ氏)


実は、ヒラリー氏が健康ではないのではないかという疑念は、2012年に始まったことです。そのときヒラリー氏はオバマ政権の国務長官でした。

2012年の12月、ヒラリー氏は脳震盪で倒れたのです。これについて、本人は物が二重に見え、また、めまいを感じていたことを認めています。ところがそれと同時に、今は健康であることも強調しています。


夫であり、大統領でもあったビル・クリントン氏も、ヒラリー氏の健康を保証していますが、不健康説を唱える人々の主張は収まりません。
飛行機に乗る際に転倒してしまったり、階段を登る際に手助けをしてもらっていたり、最近咳が多く、インタビュー中に薬を服用する姿が見られたり、一概に"陰謀論"とは言えない、という見方もあるのです。

ヒラリー・クリントン―その政策・信条・人脈―(新潮新書)

ヒラリー・クリントン―その政策・信条・人脈―(新潮新書)

 

(関連記事)

初期乳がんの化学治療、遺伝子検査によって半数以上が必要ないことが判明

イエローストーン国立公園 "自撮り旅行者"におよぶ危険

アルツハイマーの新薬誕生!?バイオジェン社、治療薬の抗体aducanumabを発表