読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外最新ニュース

海外のニュースメディアから最新情報を紹介します。日本のニュースメディアでは取り上げられない内容も多く含んでいます。

世界最長の飛行船「エアランダー10」、テスト飛行中に墜落

サイエンス・テクノロジー
スポンサーリンク

BBCより

www.bbc.com

世界最長の飛行船「エアランダー10」が、2回目のテスト飛行を行いましたが、頭からゆっくりと地面に落ちていき、損傷してしまいました。

イングランド東部のベッドフォードシャーにあるCardington飛行場から飛び立った全長92メートルの飛行船。

8月17日に行われた一回目のテスト飛行では20分間の飛行を成功させたので、今回も人々の期待は高まっていましたが、墜落してしまい、コックピットを中心に損傷してしまったのです。

 

この飛行船を開発したHAVによると、幸いなことに、乗組員は全員無事だとのことです。

 

目撃者の中には、

着陸の前に、飛行船から垂れ下がっていたコードが、電波塔にぶつかったのを見た

と言っている人がいましたが、同会社はこれを否定しています。

HAVは考えられる原因について、フライトデッキの前面に何かしらの損傷があった可能性があるとしており、調査中とのこと。

 

エアランダー10は、実はもともと監視を目的とした飛行船として、アメリカ政府のために開発されたものです。しかし、防衛費の削減に伴い、プロジェクトは却下されてしまったのです。

ところが、2015年5月にHAVは再びエアランダー10のプロジェクトを再開しました。

今度は監視だけではなく、宣伝や通信、物資の輸送や、旅客を乗せることまで用途として発表しています。

同社によると、エアランダー10は、人を乗せた状態で、5日間もの間、飛行を続けられるようになるとのこと。

HAVは、2021年までに、年間10機のエアランダーの生産を目指しています。