読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外最新ニュース

海外のニュースメディアから最新情報を紹介します。日本のニュースメディアでは取り上げられない内容も多く含んでいます。

中国で公務員が誕生日パーティーを開くことが禁止に!?その理由とは?

スポンサーリンク

The Washington Postより

www.washingtonpost.com

中国の国家主席・習近平の反汚職キャンペーンが4周年を迎えようとしている中で、政府関係者が自分の富を見せつける行為が厳しく禁止されるようになってきています。

というのも、中国共産党は、大衆に対して深くコミットしようとしており、"倹約"がスローガンになっているからです。

 

そしてそんな中で、公務員が誕生日パーティーまでをも禁止するような町まで出てきたのです。

 

中国四川省に住むある村人が、87歳の母親に誕生日パーティーを開いたという理由で650元(約100米ドル)の罰金となったのです。

これを報道したChina Dailyによると、この町は、公費が誤って使われるのを防ぐため、親の80歳と90歳以外での誕生日パーティーを規制する取り決めをしたとのこと。

 

去年も同じような規制ができ、話題になりました。これも四川省のある市町村ですが、結婚・葬儀・70歳以上の誕生日祝い(その後も10年ごと)以外での宴会を禁止したのです。ちなみにこれはなぜか一般人も対象になっていました。

 

中国共産党は、政府幹部が過度に飲み食いすることを禁止するような条項を作りました。

過去三年間で、11000人以上の役人がぜいたくな宴会を開いたとして懲戒処分になっています。

これを報道したChina Dailyは、このような取り決めは確かにありますが、誕生日パーティーを禁止するのさすがにやりすぎで、これを罰する際は、パーティーに公費が使われたのかどうか、また権力の濫用があったのかどうかにフォーカスすべきだと言っています。

 

習近平国家主席の反汚職キャンペーンによって懲戒されたり、処罰された公務員は約740000人にのぼると言われています。

専門家によると、このキャンペーンは、党内の特定の派閥を粛清するためにも利用されているとのこと。

ソーシャルメディア上では、これが公費を抑えるために有効だとして支持する人と、やりすぎだとする声で意見が割れています。