読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外最新ニュース

海外のニュースメディアから最新情報を紹介します。日本のニュースメディアでは取り上げられない内容も多く含んでいます。

イタリアは地震が起きやすい場所だった!原因はプレートと断層線

スポンサーリンク

TIMEより

time.com

水曜日に起きたイタリア中部地震。マグニチュードは6.2。死者は247人にのぼり、多くの行方不明者も出ています。

 

あまり日本人にとっては、イタリアは地震が起こるイメージがなく、今回、家を失ってしまった家族の写真を見て、新鮮な思いを抱いたかもしれません。

しかし実は、イタリアは死者を出すレベルの地震が頻繁に起こる地域なのです。

 

地球の表面は、いくつかの大きなプレートによってできています。イタリア南部は、ユーラシアプレートとアフリカプレートの境目に非常に近く、それらがこすれあうことで発生する地震や火山活動の影響を受けやすいのです。

しかもそれに加え、イタリアはアペニン山脈沿いを中心に、小さな断層線も多く存在する場所です。

 

過去2000年で、400以上の大規模な地震がイタリアで報告されています。1905年から考えると15件発生しており、最悪規模のものは1908年にイタリア南部で発生したマグニチュード7.1のメッシーナ地震です。

 

メッシーナ地震 - Wikipedia

 

イタリアには、2000年以上の歴史を持つ建造物が多数あります。今回の地震で破壊されてしまったアックーモリは、数百年の歴史を持つ建造物をいくつも保有していました。これらの建造物は、耐震構造を持つものに改良するのは難しいという事実があります。

近年になって建てられた建物は、法律に従って、しっかりとした耐震レベルをクリアしているのですが、これら歴史的建造物の中には、地震に弱いものが多いのです。

つまり、イタリアは、地震学的に言っても地震が起こりやすく、しかもその影響を大きく受けてしまうということです。

 

ここで気になるのは、

 

果たしてイタリアは今後安全なのか?

 

ということだと思いますが、地震学者によると、次の大きな地震がいつ、どの地域で起こるのかは予想できないということです。しかし、将来再び今回のイタリア中部地震と同程度の規模の地震が起こることは確実とのこと。

イタリアへのフライトには現在大きな影響は出ていないようですが、余震が長く続いていくと言われているので、イタリアを訪れる人は十分な注意が必要です。

(関連記事)

イエローストーン国立公園 "自撮り旅行者"におよぶ危険

マザー・テレサが聖人に "奇跡"を疑問視する声も

最初期のアウストラロピテクス、ルーシーの意外な死因とは?