読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外最新ニュース

海外のニュースメディアから最新情報を紹介します。日本のニュースメディアでは取り上げられない内容も多く含んでいます。

ベネズエラでマドゥロ大統領の退陣を求める大規模デモが発生!逮捕者も多数

スポンサーリンク

BBCより

www.bbc.com

ベネズエラで、マドゥロ大統領の進退を巡るデモが起こっています。

反対側は、マドゥロ大統領がベネズエラの経済危機を引き起こした原因であり、また、退陣の是非を問うための国民投票までの期間をわざと遅らせていると非難しているのです。

 

大統領側は、反対側がクーデターを引き起こそうとしている、と非難しています。

政府側は、当局が"カラカス占拠"と呼ぶデモに、反対側が期待していた1万人の人々が集まらなかったために、デモは失敗だった、と決めつけています。

 

ところが、反対側は、彼らが期待していた1万人を集めたと言っています。

ベネズエラという国の重要度を世界に伝えることができた。そして、この国がどれだけ変わりたいと思っているのかも。

(反対派の政治家Jesus Torrealba氏のコメント)

 

このデモに先駆けて、多くの政治家が監禁、留置されました。

先週、反対派の政治家Daniel Ceballos氏は、一年弱の自宅軟禁のあと、政府反逆を企んだ罪で刑務所に送られています。

政府内務省は、Daniel氏が、暴力的手段による反逆のために自宅を脱出しようとしたと言っているのです。

 

反対派は、国民投票を行うために必要な手続きを進められるようになることを望んでいます。このためには選挙当局の許可が必要です。

 

反対派が国民投票の早期実施を求めているのには、もうひとつ特別な理由があります。

もし国民投票が1月10日までに実施され、マドゥロ大統領が失脚すれば、その後すぐに大統領選挙が行われるのですが、もしその日をすぎてしまうと、現政権の副大統領が2019年まで大統領を務めるという事態になってしまうのです。

 

隣国、コロンビアが内戦の和平協定が正式に認められるかの国民投票を控えている中での、ベネズエラの混乱。

今後の南米の政局に注目です。

(関連記事)

コロンビア内戦の和平協定、国民投票はアメリカ外交にも大きな影響?